名古屋芸術大学 音楽学部
   

 

 

 

2019年4月、名古屋芸術大学 芸術学部 芸術学科 音楽領域に
ダンスパフォーマンスコース誕生!




 
ダンスパフォーマンスコースコース Top
講義内容
ニュース・イベント
施設紹介
教員紹介
ポイント

ダンサーとしての演技力、様々な舞台に立つパフォーマーとしての表現力を身につけます。

華やかで躍動的なダンスパフォーマンスは、コンサート、ミュージカル、セレモニー、イベントなどの様々なシーンを飾る重要な表現手段となりました。それと共に、ダンサーの仕事も多様化しています。踊れて歌える、踊れて演技が出来る、バレエもジャズもヒップホップも出来る、そんなマルチなダンサーが求められています。 本コースでは、様々なスタイルのダンスを学ぶと共にアーティストとして必要なヴォーカル、アクティングのレッスンも同時に行われます。新しい時代のミュージックシーンを創り上げる新しいダンサーを育て上げることを最大の目的としたコースです。
ポイント

・ ダンス業界の第一線で活躍する現役ダンサーの指導が受けられます。
・業界通用する様々なジャンルのダンスについて幅広く学びます。
・ヴォーカル、アクティングを始め、エンターテインメント全般について学びます。
・他コースとの連携により、ダンスに関わる様々な分野で活躍できる人材を育成します。
・ボーダレスな学びにより、現代社会で求められている高いコミュニケーション力や幅広いスキルを身につけます。
・必要なスキルを習得し、プロのダンサーだけでなく一般企業への就職も可能です。

 

 

 将来の職業分野  

 ・ダンサー・アクター・パフォーマー・振付師
 ・テーマパークダンサー・パフォーマーインストラクター

 ・音楽関連企業
一般企業 ター     ・司会業      ・タレント 

 

  ダンスパフォーマンスコース紹介動画
コース担当教員
特別客員教授 *年2回来学
 
KENTO MORI
ケント・モリ
ダンスアーティスト

2006年に単身渡米、アメリカを拠点に活動。 これまでにマドンナ、クリス・ブラウン、アッシャー、チャカ・カーンといった世界のトップアーティストの専属ダンサーを務める。 2008年にマドンナのワールドツアー”Sticky & Sweet Tour”の専属ダンサーに抜擢され、世界中を周る。2009年、マイケル・ジャクソンの『THIS IS IT 』オーディションに合格し、2年間の専属ダンサー契約を交わすも、マドンナのツアー専属ダンサーとして契約期間中であったため、断念。しかし、マイケル・ジャクソンが亡くなった直後、マドンナから直々の依頼で、マドンナのコンサートでマイケル・ジャクソンへの追悼ダンスを踊り、その映像が世界中で流れ、大きな話題となった。 アメリカでは、クリス・ブラウン、シルク・ドゥ・ソレイユ、ニーヨ、シアラ、オースティン・ブラウンの5者から同時に専属ダンサーオファーを受けるほどの人気で、グラミー賞をはじめとする数々のアワードショーへの出演、マドンナ、クリス・ブラウンやニーヨ、シアラ、トニー・ブラクストンなどの多数のミュージックビデオにも出演。 2014年~2015年には、アッシャーのワールドツアー「The UR Experience Tour 2014-2015」には専属ダンサーとして出演。 日本では、SMAP、ゆず、篠田麻里子、加藤ミリヤ、山下智久といったアーティストや、「宝塚歌劇団100周年記念舞台」の振付、「千原ジュニア40歳ライブ」、東京フィルハーモニー交響楽団など様々なステージの振付・演出・共演を手掛ける。また、PARCO、JSDA、「宝くじ」、SUNTORY などのCM出演や、TOYOTAのCMの振付・演出を担当。 2013年には、伊勢神宮、2015年には清水寺にて奉納の舞を行う。伊勢神宮の奉納舞台に現代ダンスが上がることは史上初の出来事となった。 また、めちゃイケ、「NHK紅白歌合戦」、「笑っていいとも」、「情熱大陸」、「SMAPxSMAP」、「24時間テレビ」、「世界番付け」、「ダウンタウンDX」、「27時間テレビ」(2015年)や、NHK総合「LIFE!」では“イカ大王体操第2”の振付を担当し、自身も出演、「TBSハロウィン音楽祭2016」ではハロウィンで賑わうユニバーサル・スタジオ・ジャパンとコラボ! USJで毎年恒例となった「ゾンビ・モブ」に、ケント・モリと渡辺直美が参加。約3,000人の“ゾンビ”と共にケント・モリの敬愛するマイケル・ジャクソンの「スリラー」を披露する。多数のテレビ・ラジオ番組に出演。ダンスの枠を超えた幅広い領域で活躍している。 2015年、自身初の映像作品集となるDVD『1』を発売。 世界のトップアーティストから数々の共演オファーを受け続け、世界最高峰の舞台で活躍しているダンスアーティスト。 2019年4月名古屋芸術大学ダンスパフォーマンスコース 特別客員教授 就任決定

 

 
准教授

 
古賀明美

振付師・ダンサー/名倉ジャズダンススタジオ・カンパニーメンバー クラシックバレエ、モダンダンスからジャズまで、幅広いジャンルのダンスをマスターし、数多くのダンス公演、コンサート、ミュージカル、テレビ番組などに出演。

また振付師としても様々な舞台公演を手がける。

主なステージは、五木ひろし、田原俊彦、少年隊、郷ひろみのコンサートツアー、ミュージカル、ディナーショーなど。

名古屋芸術大学ダンスパフォーマンスコース 准教授

 

 

 

学納金
 
 
  1年次 2年次以降    
入学金 200,000 ---  



その他の納付金 (2017年度 参考)
・学生教育研究災害障害保険料 3,300円 (入学時のみ)
・学生教育研究賠償責任保険料 1,360円 (入学時のみ)
・後援会費 16,000円 (2年次以降 10,000円 / 年間)
・同窓会費 29,000円 (入学時のみ)。

授業料 800,000 800,000
教育充実費 300,000 300,000
実習費 140,000 140,000
合計 1,440,000 1,240,000
 
  ・教員免許状の取得はできません。
ポイント

 ・ケント・モリ氏 の特別講義のレポートが本学グループ通信に掲載されました。  2018.08.01

 ・ケント・モリ氏 特別客員教授 就任決定 pdf  2018.07.27

 ・本コースの案内リーフレットができました。pdf  2018.07.19

 ・2019年4月、名古屋芸術大学 ダンスパフォーマンスコースが誕生します。 2018.06.18

 ・2019年9月29日(土) 14:00オープンキャンパスを開催いたします。 2018.06.18

ダンスパフォーマンスコース オープンキャンパスのお知らせ
 

2019年7月7日(日) 8月17日(土)2020年3月1日(日)に行うオープンキャンバスでは、ダンスパフォーマンスコース の入学を考えている方のためのコース紹介・体験レッスンを行う予定です。詳細についてはこちらをご覧ください。

    Copyright 2016 Nagoya University of Arts. All Rights Reserved.
  Copyright 2019 Nagoya University of Arts. All Rights Reserved.