名古屋芸術大学 音楽学部
   

  2017年4月、名古屋芸術大学 芸術学部 芸術学科が誕生しました。
  
ジャズ・ポップスコースは、演奏表現の分野で、学生一人ひとりの可能性を最大限に生かしながら
  
新しい時代に必要なスキルを身につけ将来へとつなぐことを目指した、ポップス・ロック&パフォーマンスコース へと発展します。

   

 
ポップス・ロック&パフォーマンスコース Top
講義内容
ニュース・イベント
スタジオ
教員紹介
 
 

ポイント

あなたはどんな音楽が好きですか?どんな音楽をよく聴きますか? 音楽は時代のエンターテインメント。急速に進むグローバル社会、これからのポップス、ロック、ジャズの世界においては演奏力、表現力、読譜力、音楽理論と音楽史などの知識に加え、応用力、創造力、語学力、思考力、発信力などの総合的な教養を兼ね備えた人材が活躍します。4年間を通しレッスンで演奏技術と表現力を徹底的に磨きながら同時に理論や教養科目を学びます。ここで得られるスキルは今後のミュージックシーンで活動していく上で強力な武器となり、それは同時に一般社会での活躍にも大いに役立つ能力となるのです。 このコースでは新しい時代のポップス・ロック・ジャズのスペシャリスト養成を目的とします。
ポイント

ポイント
・東海地方の音楽大学では初の専門的にポップス・ロック・ジャズについて学ぶコースです。
・ポップス・ロック・ジャズを中心に授業を展開し、各学生のレベルに応じて教授します。
・音楽基礎理論を身につけ、アレンジ、インプロビゼーションについても学びます。

将来の就職分野
 ポップス/ロック/ジャズプレイヤー、ソングライター
 アレンジャー /作曲家、音楽講師、音楽/芸術関連企業

 
ポイント
新しい時代のミュージックシーンで活躍できる人材とは?
音楽の世界は常に新しい感覚を求めています。急速にグローバル化が進む現在、音楽を取り巻く状況も劇的なスピードで変化しています。 ポップスやロックの世界においても「多様化」が求められており、高い演奏能力、ジャズなどの他のジャンルの表現力、読譜力、音楽理論と音楽史などの知識に加え、応用力、創造力、語学力、思考力、発信力などの総合的な教養を兼ね備えた人材が、これからのミュージックシーンを担っていくのです。 音楽は“時代を映す鏡”と言われますが、欧米から始まったポップスやロックは、今ではJ-popやK-popが欧米やアジア諸国でも注目されるようになりました。これからは、欧米や日本は勿論のこと、アジアからアフリカや南米などでも、新しいポップスやロックが多様性に富んだ広がりを持つことでしょう。 ポップス・ロック&パフォーマンス コースでは、大きな変革期を迎えているミュージックシーン、その新しい時代に活躍できる人材の教育を行います。
 


ジャズ・ポップスコース 

教授 上田浩司 

Profile 

 
大学でポップス・ロックを学ぶ意義とは?
ポップスやロックの世界で活躍したい、しかしそのために大学で学ぶ必要があるのだろうか?このような疑問を持たれる方も多いでしょう。 確かに、バンドでライブ活動だけをしていくのであれば、必要ないかもしれません。しかし、これからの時代に求められる、よりクオリティーの高い音楽を創造・発信していくには、音楽の専門的能力とそれらを社会に反映していく教養的能力をしっかりと身につけることが重要となります。 本コースでは、ポップスやロックを通して、自身の音楽を徹底的に訓練し、考え、プレゼンテーションし、討論し、創造し、表現し、発信しながら、4年間で専門的能力と教養的能力を培っていきます。 これは、“自ら表現する音楽”が、社会にどのように反映しているかを観察し、どのような影響を与えるかを考え、より意味のあることにチャレンジし続ける、オリジナリティーのある音楽の創造と発信ということにつながるのです。 このスキルは、今後のミュージックシーンで活躍していく上で必須の能力であり、音楽の世界に限らず、一般社会での活躍に大いに役立つ能力となるのです。

専門的能力と教養的能力のバランスが重要
ポップス・ロック&パフォーマンス コースでは、専門的能力の修得を第一の目的としながらも、教養的能力も同時に向上させる教育を行います。

 専門的能力:演奏力、読譜力、楽曲分析力、アンサンブルのスキル、音楽理論の知識と応用力、音楽史の知識、アレンジと作曲のスキル
 教養的能力:コミュニケーション能力、語学力(日本語・英語)、情報収集能力、計画性と実行力、プレゼンテーション能力

これらの能力は、専門家としてのスキルであり、また同時に社会で活躍できるスキルともなります。音楽を通して専門と教養の能力を身につけた皆さんの可能性は無限です。 みなさんが現在、音楽についてどのような能力や知識があるかは、問いません。大切なのは、「自身の音楽センスや技能・知識を活かして社会で活躍したい」という思いです。その第一歩を踏み出してみませんか?

ポイント

  ・ 2017年11月9日(木)ドラマー大坂昌彦氏による公開講座を開催いたします。   2017.10.2

  ・ 2017年6月1日(木)ベーシスト堀川真理夫氏による公開講座を開催いたします。   2017.05.11

  ・2017年3月4日(土)オープンキャンパスを開催いたします。 2017.02.04

  ・2016年11月5日(土) 体験授業を開催いたします。  2016.10.2  

  ・2016年10月27日(木) ブルース・ギタリスト 菊田俊介氏による公開講座「ブルースとファンク・ロック音楽の世界」を開催いたします。  2016.09.23

  ・2017年4月名古屋芸術大学 芸術学部 芸術学科(仮称)が誕生します。 
   ジャズ・ポップスコースは、演奏表現の分野で、学生一人ひとりの可能性を最大限に生かしながら
   新しい時代に必要なスキルを身につけ将来へとつなぐことを目指した、ポップス・ロック&パフォーマンスコースへと発展します。
  2016.06.21 

  ・2016年9月23日(土) オープンキャンパスを開催いたしました。 2016.09.23

  ・2016年6月11日(土) オープンキャンパスを開催いたしました。 2016.06.11

ポップス・ロック&パフォーマンスコース オープンキャンバスのお知らせ
 

2019年7月7日(日) 8月17日(土)2020年3月1日(日)に行うオープンキャンバスでは、ポップス・ロック&パフォーマンスコースの入学を考えている方のためのコース紹介・体験レッスンを行う予定です。体験レッスンの参加費は無料ですが、事前予約が必要となります。詳細についてこちらをご覧ください。

ポップス・ロック&パフォーマンスコース  音楽講習会「受験準備レッスン」のお知らせ
 

音楽講習会「受験準備レッスン」は、主に本学音楽領域の入学試験に向けた演奏実技レッスン です。レッスンの担当講師は、音楽各界の第一線で活躍する本学音楽領域教員陣が担当します。 レッスン形態は「個人レッスン」ですので、初心者から上級者まで、受講者のご希望や演奏技術に応じたレッスンが可能となり、初心者の方でも安心して受講していただけます。

実施期間 (標準期間)
〔夏期〕: 2019 年 7 月 8 日(月) ~ 8 月 30 日(金)〔冬期〕: 2020 年 3 月 2 日(月) ~ 3 月 31 日(火)
 ※ ただし日曜祝日・夏期休業期間・入試期間など本学閉校日・入校禁止期間は除き

お申込み期間
〔夏期〕: 2019 年 7 月 7 日(日) ~ 8 月 23 日(金) 〔冬期〕: 2020 年 3 月 1 日(日) ~ 3 月 20 日(金)

受講料
レッスンあたり 2,000 円 原則、1 回あたり 30 分の個人レッスン

 

参加ご希望の方は、こちらの専用申込フォームからお申し込みください。
また、詳しい内容等については、こちらの「2019年度音楽講習会」要項をご参照ください。

多くの方のお参加をお待ちしています。

 Copyright 2019 Nagoya University of Arts. All Rights Reserved.