名古屋芸術大学
声楽コース
 
声楽コース Top
講義内容
施設紹介
コンサート動画
教員紹介
教員紹介
 

松波千津子 ソプラノ

知県立芸術大学卒業、同大学院修士課程を首席修了。第53回日本音楽コンクール第3位入賞(1位なし)、1987年文化庁国内芸術家研修員修了、岐阜県芸術文化活動奨励賞受賞。1999年度岐阜県芸術文化活動奨励賞受賞。2001年度名古屋市芸術奨励賞受賞。2018年度名古屋市芸術祭特別賞「舞台芸術賞」受賞。2019年第14回名古屋音楽ペンクラブ賞受賞。オペラ「修禅寺物語」かつら役でデビュー後、「蝶々夫人」、「コシ・ファン・トゥッテ」、「ドン・ジョヴァンニ」、「道化師」、「魔笛」、「椿姫」、「ランメルモールのルチア」、「唐人お吉」、「春琴抄」、「夕鶴」、「天守物語」、オペレッタ「メリーウィドウ」、「こうもり」など、数多くの主役を好演し好評を得ている。また各種コンサートへ数多くの出演に加え、NHK・FM (FMリサイタル、土曜リサイタル)、ソロリサイタル7回、宗教曲や第九のソリストとして多数出演し、中国(杭州・上海)、アメリカ(ニューヨーク)、ブラジル(サンパウロ)、韓国(馬山)等の友好親善演奏会に招聘されるなど、国内外の幅広い分野で活躍している。 現在、名古屋芸術大学・大学院教授、全日本学生音楽コンクール、国際音楽コンクール(東京、大阪)など多くのコンクールの審査員を務める。日本クラシック音楽協会より優秀指導者賞を2011年から9年連続受賞する。名古屋オペラ協会会員・副委員長。

 

馬場浩子 ソプラノ

武蔵野音楽大学声楽科卒業。’07三重県文化奨励賞受賞。オペラ「あまんじゃくとうりこひめ」(あまんじゃく)でデビュー。「蝶々夫人」(蝶々さん)、「夕鶴」(つう)、「フィガロの結婚」(伯爵夫人)、「ドン・ジョヴァンニ」(ドンナ・エルヴィーラ)、「こうもり」(ロザリンデ)、「メリーウィドウ」(ハンナ)等多数出演。リサイタルの他、「第九」(ベートヴェン)、「レクイエム」(モーツァルト)、「交響曲第8番」(マーラー)等のソリストとしても活躍。ザルツブルグ・モーツァルテーム大ホール、北京・海鄭劇場での親善公演に出演。2011年からは合唱指揮者としても活躍。2016年ウィーン国立歌劇場復興支援コンサート、聖シュテファン大聖堂奉納演奏、2019年ヴァチカン市国にてサン・ピエトロ大聖堂でのミサ、システィーナ礼拝堂での献唱、サン・フランチェスコ大聖堂コンサート(アッシジ)等何れも高い評価を受ける。制作面での手腕も発揮、オペラ制作、コンサート企画・プロデュース等精力的に活動中。声楽コンクール審査多数、熟年大学、文化庁青少年のため派遣講師等社会活動も積極的に関わる。女声アンサンブルMarimo座主宰。津女声合唱団、三重混声合唱団あんだぁれ70、各指揮者。「四日市の第九」音楽監督・合唱指導。三重オペラ協会顧問、日本演奏連盟会員。現在、名古屋芸術大学・大学院教授、三重大学教育学部非常勤講師、名古屋芸術大学ハルモニア合唱団代表

 

佐藤美枝子 ソプラノ

武蔵野音楽大学卒業。(公財)日本オペラ振興会オペラ歌手育成部第9期修了。(公財)五島記念文化財団の奨学生としてイタリアに留学中の1998年、第11回チャイコフスキー国際音楽コンクール声楽部門で日本人初の第1位を受賞。1995年、ローマにて「リゴレット」のジルダでオペラ・デビュー。近年では、2018年、紀尾井ホールにてチャイコフスキー国際音楽コンクール第1位受賞20周年記念リサイタル、オペラ「夕鶴」つう「リゴレット」ジルダ等を演じ好評を博す。今後は「清教徒」エルヴィーラ、「蝶々夫人」タイトルロール(抜粋上演)「パリアッチ」ネッダ等で、出演が予定されている。第64回日本音楽コンクール声楽部門第1位、同時に増沢賞、海外派遣特別賞受賞。第9回出光音楽賞、第7回五島記念文化賞オペラ新人賞、第10回新日鉄音楽賞フレッシュアーティスト賞、第50回ENEOS賞受賞の他、国内外の数々の賞を受賞。武蔵野音楽大学教授、大分県立芸術文化短期大学客員教授藤原歌劇団団員、日本オペラ協会会員。名古屋芸術大学特別客員教授。

 

浅野菜生子

桐朋学園大学音楽学部ピアノ科卒。同大学声楽科伴奏研究員修了。 ピアノを金澤希伊子、須貝久子、クリフォード・ベンソン、室内楽を練木繁夫、磯恒夫、クリスチャン・イヴァルディ、ジェレミー・メニューイン、デニス・ヴェベール、伴奏法を星野明子、アーウィン・ゲージの各氏に師事。声楽・器楽伴奏・オーケストラ鍵盤楽器奏者として活動を開始。96年に野村国際文化財団の奨学金を受けミラノへ渡り、コレペティトゥールとしての技術をカルロ・カメリーニ氏に師事。在伊中はコンサート出演や、声楽コンクールの公式伴奏者を務めた。98年9月に帰国し、藤原歌劇団・新国立歌劇場ピアニスト、東京フィルハーモニー交響楽団鍵盤楽器奏者、各種コンサートの共演ピアニストとして活動を再開。01年3月よりロームミュージックファンデーションより奨学金を受け、再び渡伊、ローマで研鑚を積んだ。その間ローマ歌劇場や、スペイン・パルマ歌劇場(マジョルカ)で音楽スタッフとして公演に参加。02・05・08年に開催された「静岡国際オペラコンクール」で公式伴奏者を務めた。現在はオペラでの公演スタッフ、講習会でのピアニスト・通訳、リサイタルでの共演ピアニストとして幅広く活動。また、来日声楽家リサイタルにおいてそのサポートでアーティストからも高い評価を得ており、国内外のアーティストの共演ピアニストとしても活躍の場を広げている。昭和音楽大学・大学院講師。藤原歌劇団団員。 名古屋芸術大学特別客員教授。

 

荒木(谷)絵美

兵庫県出身。三重県在住。大阪教育大学教育学部教養学科芸術専攻音楽コース声楽専攻卒業。
パワー溢れる情熱的な音楽と表現力豊かな音楽性で聴衆を楽しませる。オペラ・ミュージカル・ジョイントリサイタルなど幅広く各地で活躍しながら、施設への訪問演奏も多数行う。長年勉強したクラシックバレエ・日本舞踊・タヒチアンダンスなどの経験を生かして、自ら演出・振付を行い、数多くのミュージカル公演を開催する。ダンテマッツォーラ氏のレッスン・ワークショップ受講。オペラ「ラ・ボエーム」ムゼッタ、ミミ、「カルメン」フラスキータ、「魔笛」パパゲーナ、「フィガロの結婚」スザンナ、「サウンドオブミュージック」リーズル、他ミュージカルや、演奏会など多数出演。2003年、emi music studio設立以来、後進の指導に力を入れ、これまでに日本クラシックコンクール、万里の長城杯、長江杯国際コンクール他において数多くの優秀指導者賞受賞。日本クラシックコンクール審査員。合唱団主宰・指導。多くの生徒を声楽科・音楽教育科へ輩出。声楽アンサンブルを立ち上げ各地のイベント・コンサートに出演・受賞を誇る。老若男女が楽しめる・癒される・エレルギーを与えられる多彩なコンサート活動に力を注いでいる。これまでに小森節子、秋山文代、大下久深子の各氏に師事。名古屋芸術大学非常勤講師。

 

安 賜勳

ソウル国立大学卒業。ドイツ国立トロッシンゲン音楽大学卒業。 ドイツ国家演奏家資格取得。ヴァルセシア国際声楽コンクール(イタリア)歌曲部門1位。オイリアーデ・ヴォーカル国際歌曲コンクール(オランダ)1位など、韓国、ハンガリー、ドイツの数々の国際コンクールで入賞。 ペルララダ・フェスティバル(スペイン)「椿姫」アルフレード役をJ. クライツベルグ氏と演奏。ドイツ、カッセル国立歌劇場でテノール主役歌手として11年間専属契約。ハノーファー国立歌劇場、マインツ国立歌劇場、アウクスブルク国立歌劇場など数々のドイツ歌劇場と客演契約。カッセル市の芸術家賞を受賞。歌曲やオラトリオの歌手としても高い評価を受けており、特にH·ツェンダーがテノールとオーケストラの為に編曲したシューベルト「冬の旅」をカイザスラウテン·フィルハーモニー等と演奏し絶賛を博す。ミュンヘンにてベートーヴェン「オリーヴ山上のキリスト」 ハンブルグにてプーランク「十字架上のキリストの7つの御言葉」など幅広いオラトリオのレパートリーをドイツ各地で演奏。2015年京都二条城で小澤征爾氏とベートーヴェン「第九」のソリストとして共演。 名古屋二期会オペラで「椿姫」アルフレード役、「ホフマン物語」ホフマン役で出演。毎年リサイタルを開催。2020年オペラ・パスティッチオ《三人の女》では企画、制作、構成を手掛け好評を博す。名古屋芸術大学 非常勤講師。

 

大須賀園枝 ソプラノ

名古屋芸術大学音楽教育学科卒業。サルデニアカリアリ夏期国際音楽アカデミーにおいてカーテリアリッチャレッリに師事。モーリスラヴェル国際音楽アカデミーにおいてフランソワーズポレに師事。第113回日演連推薦新人演奏会出演。中日賞、名古屋芸術大学賞受賞。イタリア声楽コンコルソミラノ部門、シエナ部門入賞等、他多数受賞。「第九」「カルミナ・ブラーナ」「フォーレ、レクイエム」「モツレク」等のソリスト、「フィガロの結婚」ケルビーノ、「カルメン」ミカエラ、「こうもり」アデーレ、「ナブッコ」フェネーナ、「ラインの黄金」ヴォークリンデ等で出演。あいちトリエンナーレプロデュースオペラ「蝶々夫人」ケイト役で出演。2007年NHK名古屋ニューイヤーコンサート、2008年FM名曲リサイタル出演。2009年東京二期会オペラ研修所第52期マスタークラス修了。修了時に優秀賞受賞。東京二期会会員。名古屋芸術大学非常勤講師。 

 

小坂井貴子 ソプラノ

愛知県立芸術大学音楽学部声楽専攻卒業。(同大学院修士課程修了)1984年5月、第1回リサイタル開催。1984年6月、イタリア留学。ミラノ、ヴェルディ音楽院に入学。イタリア留学中の1985年7月、第4回“カルロ・コッチャ”国際声楽コンクール入賞者によるコンサート(オルタ湖)に出演。同年12月、クワットロ・モーリ劇場(トスカーナ)におけるオペラ「ラ・ボエーム」(ミミ)に主演。その他、イタリアを中心にスイス、フランスの劇場や協会にて数多くのコンサートに出演。この間に数々のコンクール(カルロ・コッチャ、ベッリーニ、ベニアミーノ・ジーリ、パヴィア)に入賞。1988年7月、名古屋市民会館自主企画オペラ「ラ・ボエーム」(ミミ)に主演。1989年2月、名古屋市文化振興事業団企画オペレッタ「メリー・ウィドゥ」(ハンナ)に主演。1992年10月、名古屋市民芸術祭オペラ「トゥーランドット」(原語上演、リュー)に出演。第2回日本クラシック音楽コンクール第1位及びグランプリ受賞。現在までに8回のリサイタル開催(電気文化会館ザ・コンサートホール)。又、老健、特養等各施設や緩和ケア病棟で、音楽療法のセッションを実施。田村つや子、(故)小島琢磨、荒 道子、L・グアリーニ、L・バラジョーラ、佐藤康子の各氏に師事。現在、名古屋音楽学校講師、Gioia bis 会主催。名古屋芸術大学非常勤講師。 

 

永井秀司 テノール

東京藝術大学音楽学部声楽科卒業。2017年名古屋二期会「椿姫」アルフレードをはじめ、愛知芸術文化センター開館20周年記念「ランメルモールのルチア」アルトゥーロ、「コジ・ファン・トゥッテ」フェッランド、「魔笛」タミーノ、「イドメネオ」アルバーチェ、「ナクソス島のアリアドネ」舞踏教師/ブリゲラ、「道化師たち」ペッペ、「蝶々夫人」ゴロー、オペレッタでは「こうもり」アルフレート・アイゼンシュタイン、コンサートではベートーベン「第9」、W.A.モーツァルト「レクイエム」などに出演。また2018年には「全国二期会サミットコンサート」(於東京文化会館)に名古屋二期会より出演。2016年、2018年にソロリサイタルを開催。名古屋芸術大学非常勤講師。中京大学混声合唱団技術顧問。名古屋二期会、愛知ロシア音楽研究会各会員。

 

日比野景 ソプラノ

名古屋音楽大学大学院音楽研究科修士課程声楽専攻修了。東京二期会公演「魔笛」童子2でオペラデビュー後、数多くの舞台で活躍。オペラ、オペレッタでは「椿姫」ヴィオレッタ、「メリー・ウイドウ」ヴァランシェンヌ、ハンナ、「こうもり」ロザリンデ、「フィガロの結婚」ケルビーノ、伯爵夫人、他。ミュージカルでは「ウエストサイド物語」マリア、「マイフェアレディ」イライザ、「サウンドオブミュージック」リーズル、「ライトインザピアッツァ」マーガレット他。様々な舞台に挑んでいる。またソロコンサートでは自作台本を用いて一人歌芝居なども行う。これまでに「日本の歌/明治から平成まで」「日本語で歌うオペレッタ名曲集」をリリース。東京二期会会員。現在、加納高等学校非常勤講師、中日文化センター講師、海津市立石山保育園歌講師、名古屋芸術大学 非常勤講師。

 

水谷 映美 ソプラノ

国立音楽大学声楽科卒業。「蝶々夫人」のタイトルロールでデビューする。名古屋市文化振興事業団2000年企画「メリー・ウィドウ」で主役ハンナ役に抜擢される。また名古屋能楽堂において茂山千之丞氏による能演出で オペラ「ドン・ジョヴァンニ」のドンナ・アンナ役で好評を博す。「カルメン」のミカエラ、「こうもり」のロザリンデとアデーレ、「天国と地獄」のユーリディス等 数多くの主役・準主役を務める。その他 5回のソロリサイタル、ニューイヤーコンサート、「第九交響曲」のソリスト、チャリティーコンサート等で活躍する。第8回P.I.A JAPAN音楽コンクール、ドイツリート部門第2位・特別賞受賞。2004年「浜名湖・花博」2005年「愛・地球博」においてもコンサートを開催する。2015年名古屋二期会創立45周年記念公演オペラ「宗春」で春日野役に出演する。2016年ウィーン国際音楽祭、2017年台湾国際音楽祭にソリストで出演する。現在、名古屋芸術大学非常勤講師、名古屋二期会会員・理事、日本音楽療法学会会員・アメリカ音楽療法協会プロフェッショナルメンバー、中日文化センター講師、松坂屋カトレヤ文化教室講師、「多治見歌声サロン」の合唱指導。名古屋芸術大学非常勤講師。

 

三輪陽子 メゾソプラノ

愛知県立芸術大学音楽部声楽専攻卒業。同大学院音楽研究科声楽専攻修了。第5回国際ワーグナー歌唱コンクール派遣対象者国内オーディションにて最優秀賞・特別賞受賞受賞。平成20年度新進芸術家海外派遣制度在外研修生としてイタリアとオーストリアに留学。新国立劇場主催オペラ公演「エレクトラ」「カヴァレリアルステイカーナ」「西部の娘」「鹿鳴館」「愛怨」「陰のない女」「ワルキューレ」に出演。同劇場の鑑賞教室にて「蝶々夫人」等の出演。宗教曲では、ヘンデル「メサイア」モーツアルト「レクイエム」「戴冠ミサ」「ハ短調」ベートーベン「ミサソレムニス」バッハ「マタイ受難曲」「ヨハネ受難曲」「ロ短調」ヴェルディ「レクイエム」ドヴォルザーク「スタバトマーテル」ブルックナー「第3ヘ短調」など数々のアルトソロとして出演。コンサートではベートーベン「交響曲第9番」マーラー交響曲「交響曲第3番」「第4番」「第8番」交響曲のアルトソロ全曲、「嘆きの歌」「亡き子を偲ぶ歌」ブラームス「アルトラプソディー」シェーンベルク「月に憑かれたピエロ」などソリストとして活躍。海外公演ではクロアチア、ウイーン、プラハにて出演。二期会会員、名古屋芸術大学非常勤講師。

 

森 寿美 バリトン

大阪教育大学卒業。沖縄県立芸術大学大学院修了。ミュンヘン音楽大学大学院修了。第5回長久手国際声楽オペラコンクール第1位、第43回ドヴォルジャーク国際声楽コンクールオペラ部門 第2位(チェコ)、第79・85回日本音楽コンクール 声楽部門(歌曲)入選など国内外のコンクールにおいて上位入賞する。これまでにヘルムート・リリング、ウルフ・シルマー、秋山和慶各氏のもとでソリストとして出演した。またミュンヘン放送管弦楽団、カルロヴィヴァリ交響楽団(チェコ)、大阪交響楽団、兵庫県立芸術文化センター管弦楽団等との共演がある。オペラでは、プリンツレゲンテン劇場(ミュンヘン)、堺シティオペラ等に出演し、『フィガロの結婚』伯爵、『魔笛』パパゲーノ、『ラ・ボエーム』マルチェッロ、『メリー・ウィドウ』ダニロ等、NHK-FM『リサイタル・ノヴァ』 に出演するなど活動の場を広げている。愛知県立芸術大学准教授、名古屋芸術大学非常勤講師。

 

森本千賀子 ソプラノ

三重大学教育学部音楽科卒業。愛知県立芸術大学大学院音楽研究科声楽専攻修了。梅村学園三重高等学校音楽科非常勤講師を経て、現在 三重大学教育学部音楽科非常勤講師、高田短期大学子ども学科非常勤講師、平成29年より名古屋芸術大学非常勤講師。これまでにソロリサイタルをはじめ、ジョイントコンサート多数、オペラ出演の他、ヘンデル「メサイア」、モーツァルト「ミサ・ブレヴィスニ長調」、バッハ「カンタータBWV202」、モーツァルト「戴冠ミサ曲」、シューベルト「ミサ曲ハ長調」他の宗教曲ソリストなど幅広く演奏活動を行ってきた。 また音楽教育と子育て支援の研究グループによる日本歌曲・童謡のコンサートに企画・出演。 文化庁「学校への芸術家派遣事業」講師、公立学校・大学での歌唱指導、合唱指導、コンサート活動、病院コンサート、ボランティアにも力を入れている。三重新音楽家協会会員、ルナミュージック会員、ローゼンクランツ音楽表現実技会主宰、混声合唱団プリマヴェーラ指揮者。

 

谷田 育代 メゾ ソプラノ

愛知県立芸術大学首席卒業、同大学院修了。卒業時に愛知県知事賞(桑原賞)、読売新人音楽賞受賞。在学中より日本声楽コンクール入選など、様々なコンクールに入選、入賞。ウィーンにて声楽ゼミナール受講、イタリアに数度渡り研鑽を積む。オペラ「修道女アンジェリカ」でデビュー後、「フィガロの結婚」、「蝶々夫人」、「カヴァレリア・ルスティカーナ」をはじめ、約20の作品に出演。中でも「カルメン」ではタイトルロールを各地で演じ、好評を得ている。「第九交響曲」をはじめ、「メサイア」(ヘンデル)、「レクイエム」(モーツァルト、ドヴォルザーク)、「エリヤ」(メンデルスゾーン)、「マタイ受難曲」(J.S.バッハ)などのソリストとしても多数出演。また、ヨーロッパ各地(イタリア・ドイツ・フランス・ブルガリア・スロバキア)にてオペラ、ガラコンサートなど出演。その他、各地でロシア歌曲や日本歌曲コンサートに出演。東京、名古屋にてソロリサイタル開催。愛知日本歌曲研究会会員。名古屋芸術大学非常勤講師。

 

山田正丈 テノール

名古屋芸術大学音楽学部声楽科卒業。オペラには、「ラ・ボエーム」(ロドルフォ)、「蝶々夫人」(ピンカートン)、「ジャンニ・スキッキ」(リヌッツィオ)、「トゥーランドット」(カラフ、ポン)、「カルメン」(ドン・ホセ)、「道化師」(カニオ)、「コシ・ファン・トゥッテ」(フェランド)、「ミカド」(ナンキプー)、「メリー・ウィドウ」(カミーユ)、「香妃」(乾隆帝)などに出演している。合唱のソリストとしても数多く出演しており、ベートーヴェン「第九」、モーツァルト「レクイエム」「戴冠ミサ」、ブリテン「戦争レクイエム」、ヘンデル「メサイア」などに出演している。特に、2007年にドイツのハイデンハイム市で行われた、モーツァルト生誕250周年記念演奏会での「レクイエム」ソロは、現地新聞などでも好評を博した。オペラや合唱のソリストの他、ソロリサイタル、ジョイントリサイタル、オペラガラ・コンサート、小・中学校等の音楽教室などにも出演している。また、合唱の指導にも力をいれており、セントラル愛知主催の演奏会では、「天地創造」「第九」ドボルザーク「スターバト・マーテル」などの指導をし、各指揮者からの好評価をうけている。大学のオペラ公演では、「こうもり」「ヘンゼルとグレーテル」「小さな魔笛」「不思議の国のアリス」「子供と魔法」「あまんじゃくとうりこひめ」の本公演での指揮を5年間務めた。名古屋芸術大学非常勤講師、混声合唱団nCA常任指揮者、アミーチ・カント会会員。第18回イタリア声楽コンクールにてイタリア大使杯を受賞。第5回マダムバタフライ世界コンクール日本代表。

 Copyright 2020 Nagoya University of Arts. All Rights Reserved.