名古屋芸術大学 音楽学部

 
声優アクティングコース Top
講義内容
ニュース・イベント
施設紹介
教員紹介

 

  6月21日(木) 授業風景    

2018.6.21

 

2018年6月21日(木)の音楽表現実技の授業風景です。 この授業は声優に必要不可欠である演技力を養うための授業です。 授業は台本形式で行われ、生徒は多種多様なキャラクターやシチュエーションを演じます。 自分が演じる以外にも他人の演技を間近で見ることで、自分の長所や短所を見直すことができ、生徒たちにとって大きな刺激となる授業です。 そのほかにもこの授業では一つのお題から全員が即興で演技を行うことでアドリブ力を養うことができます。 生徒たちは与えられたシチュエーションの中で考え、思い思いの演技でキャラクターを表現していました。 今後もイベントと並行して授業風景を更新していきますのでお待ちください。

  6月9日(土) オープンキャンバスを行いました。    

2018.6.9

 

2018年6月9日(土) にオープンキャンパスを開催いたしました。声優アクティングコースでは、現役音響監督でもある平光琢也氏(本コース教授)によるアフレコ体験授業を行いました。2号館の本格的なレコーディングスタジオを使用し、メディアデザインコースの学生が制作したアニメ動画にさまざまなキャラクターのアフレコを体験できる内容でした。平光氏の真剣な指導の下、受講生の皆さんは思い思いの演技でアフレコに臨みました。そのほかにも質疑応答の時間が設けられ、受講された皆さんから様々な質問をいただきました。本コースでは、今後もこのような体験型のイベントを企画していく予定ですのでご期待ください。

  5月5日(土) 「平和のピアノコンサート」を開催しました。    

2018.5.5

 

2018年5月5日(土)こどもの日に、広島で被爆したピアノを演奏し、音楽・朗読・おはなしを通じて、未来の子どもたちへ平和の尊さ、命の大切さを伝える「平和のピアノコンサート」を名古屋音楽学校にて開催しました。 被曝ピアノとは、広島の原爆爆心地から約3キロの民家で見つかった1938年の日本楽器製造(現ヤマハ)製のピアノです。 本公演は、声優アクティングコースの1年生による「ヒロシマのピアノ」朗読と、 声優アクティングコースの非常勤講師である、まほろば遊先生の歌を中心に構成され、サウンドメディアコースによる音響など様々なコースの学生がコースの垣根を超えてコラボレーションし、この舞台を完成させました。さらに、本学と高大連携協定を締結した名古屋西高校の生徒さんも合唱で参加していただき、コンサート終了後は、この公演ま制作風景を記録したメイキング映像も上演し、本公園の舞台を完成させた本学の学生達に、会場を埋め尽くした観客から、惜しみない拍手が送られました。

  4月21日(土)「 First Year Seminar 」を実施しました。    

2018.4.21

 

4月21日(土)に本学芸術学部新入生全員が参加する「 First Year Seminar (フレッシュマンキャンプ)」を実施しました。
声優コースも16人入学し、大型バス12台に分乗してINAXライブミュージアムと武豊町民会館「ゆめたろうプラザ」に向かいました。
First Year Seminar のイベントとして、本学の竹本学長が館長を務める武豊町民会館「ゆめたろうプラザ」にてミュージカルコースのステージが披露されました。このステージは、音楽領域のエンターテインメントディレクション&アートマネジメントコースが舞台制作、音響そして照明を担当し、クオリティの高いステージを創りあげました。
ミュージカルコースの先輩たちが繰り広げる多彩な演目に、新入生は目を奪われ、各演目の最後には盛大な拍手が沸きあがりました。
声優コースの新入生にとっては、2.5次元ミュージカル等無関係ではないミュージカル公演や、普段関わることのない美術分野の作品に触れるなど、良い刺激の多い一日となりました。

  930日(土)オープンキャンバスを行いました。    2017.9.30
 

2017年9月30日(土) にオープンキャンパスが開催され、声優アクティングコースでは、 元宝塚男役まほろば遊氏(本コース非常勤講師就任予定)によるヴォイストレーニング体験授業を開催しました。声優やナレーションなど、声を使う職業にとってかなめとなる声や身体の鍛え方を基礎からしっかりとトレーニングする内容でした。楽しみながらも同時に本格的な内容で、受講生の皆さん非常に真剣に取り組まれている様子が印象的でした。最後に朗読を行い、チームで一つの物語を作り上げていく作業も体験していただきました。今後もこのような体験型のイベントを企画していく予定ですのでご期待ください。

  7月22日(土)コース説明会リポート    2017.7.22
 

2017年7月22日(土)声優アクティングコース コース説明会とアフレコ体験を開催しました。
まず、説明会では、新たに来年度より開設する本コースについて、担当教授 平光琢也 教授より、コースの特徴や、現在の声優に求められていること、また、養成する人間像について詳細に説明させていただきました。また、本コース非常勤講師就任予定、まほろば遊氏からは、体や声で演技や表現することを学ぶことについて、自身の体験談を含めたお話をさせていただき、また、実際にミュージカルナンバーの歌唱を披露いただきました。
その後は、スタジオでのアフレコ体験。 参加者全員の方に、本学のデザイン学部で制作したアニメに合わせて、アフレコの体験をしていただきました。
次回、9月30日(土) に行うオープンキャンパスでは、声優アクティングコースの入学を考えている方のためにコース説明会と、まほろば遊氏によるヴォイストレーニング体験授業を開催いたします。時間や申し込み方法は今後、トップページで公開いたします。今しばらくお待ちください。

  オープンキャンパスリポート    2017.6.10
 

6月10日(土)オープンキャンパスを開催しました。
今回は全学(芸術学部/音楽、美術、デザイン、芸術教養の各領域 および 人間発達学部)揃っての開催で、声優アクティングコースも説明会、アフレコ体験を実施しました。 オープンキャンパス告知チラシに声優アクティングコースの内容が間に合わなかったにもかかわらず、多くの声優志望の高校生のみなさんや保護者の方に集まっていただけました。
はじめに説明会。 平光教授の本学の声優アクティングコースの特徴や、現在の声優に求められている事などを説明させていただき、引き続き、質問コーナー。ここでは、多くの質問があり、本学で声優育成をする事の趣旨をご理解いただけたことと思います。
その後は、アフレコ体験。 参加者全員の方に、本学のデザイン学部で制作したアニメに合わせて、アフレコの体験をしていただきました。初めての方も多かったと思いますが、平光教授から「え〜。みんな結構うまいねぇ。」との一言。今後もその「好きなこと」に向かって、スキルを上げていって欲しいと思います。 ご来学いただいたみなさま。ありがとうございました。

来たる7月22日(土)に第2回目の「声優アクティングコース 説明会&アフレコ体験」を開催します。時間や申し込み方法はトップページをご覧ください。

  声優アクディングコースの新規開設を発表いたしました。     2017.5.29
 

2017年5月29日、本学主催 教育懇談会にて、2018年4月、名古屋芸術大学 芸術学部 芸術学科 音楽領域に声優アクティングコースを新規開設することを発表いたしました。

本学、音楽領域には、クラシック音楽系の演奏コース、ポップス・ロック系の演奏コース、また、舞台制作や運営、音楽制作や録音について学ぶコースがあり、これらのコースと連携しながら、現代の声優・アクティング業界のボーダレス化に対応できる人材を育成していきます。

本コースは、テニスの王子様、ヘタリア、遊戯王、お願いマイメロディ、図書館戦争、獣の奏者エリンなど、約40本のアニメ番組の音響監督を務めた、声優業界の第一線で活躍する現役音響監督、平光琢也教授がコースを担当。音響監督や声優、俳優からの直接の指導が受けられます。
6月10日(土)に行う、オープンキャンパスで、平光琢也教授によるコース紹介を行います。詳細については今後、Webにてお知らせいたします。是非ともお越しください。

エンタメ アートマネジメント 名古屋芸術大学 エンターテインメントディレクション&アートマネジメントコ
 Copyright 2017 Nagoya University of Arts. All Rights Reserved.  
ース